【2020最新】寒冷地エアコンのおすすめと選び方!メーカー比較でわかった本当に選ぶべきエアコンとは?

https://kadenblog.com/wp-content/uploads/2018/08/kaden1.jpg

この記事では、寒冷地エアコンの選び方とおすすめ機種についてご紹介します!
寒冷地エアコンと普通のエアコンの違いって?メーカーごとに違いはあるの?という気になる疑問を徹底的に解説しました!

肌寒くなってくるとそろそろ暖房器具の出番ですが、電気ストーブやファンヒーターは電気代や灯油代が結構かかりますよね。

少しでも光熱費を抑えたいという方の中には、エアコンをメイン暖房にしようと考えている方も多いと思います。

そこで今回は暖房能力の高い寒冷地エアコンについてまとめました

寒冷地エアコンとは
悩む人

そもそも寒冷地エアコンってなんなんだろう?

しろさん

カンタンにいうと寒冷地のように外が寒くてもメインの暖房として使えるエアコンのことだよ

エアコンというと、いわゆる冷房の「クーラー」のイメージが強いという方も多いと思いますが、実は最近のエアコンは暖房としても使えるような機種が増えてきています。

寒冷地エアコンとは、その名の通り寒冷地のような外気温が低い場所でも、メインの暖房として温風がしっかり出るエアコンのことなんです。

グレード別の寒冷地エアコンのおすすめ機種をご紹介します!

暖房能力・省エネ性・快適度・清潔性などの観点からランキングにしました。

管理人が考えるランキングなので、これが絶対というわけではありません。

どの部分を優先させるのかで変わってくると思うので、参考程度にしてみてくださいね。

リビング向け寒冷地エアコンのチェックポイント

グレード別の寒冷地エアコンのおすすめ機種をご紹介します!
暖房能力・省エネ性・快適度・清潔性などの観点からランキングにしました。

ハイスペックな寒冷地エアコンは、暖房能力や省エネ性などが素晴らしくリビング用にぴったり。
寒冷地エアコンは暖房能力が高いので、どれを選んでもきちんと暖まるし冷やすことができます。
その上で「どれだけ快適に使うことができるか」という部分が大事なポイント。

しろさん

快適に過ごすための機能で重要なものはこちらの6つです!

快適に過ごすためのチェックポイント
  1. 暖かさ→霜取りに入りにくいかどうか
  2. 熱交換器洗浄→熱交換器を洗浄し清潔に保つ
  3. 省エネ性→省エネ性能が高ければ高いほど電気代が安くなる
  4. 気流の制御→エアコンの風をコントロールする
  5. 除湿能力→除湿の方式で除湿力が違ってくる
  6. スマホ連携→スマホでエアコンの操作をする

これらのポイントを踏まえてランキングを作成しました。

リビング向けおすすめ寒冷地エアコンランキング2020

1位 日立メガ暖 XKシリーズ

日立XKシリーズの評価
暖かさ
(5.0)
清潔性
(4.5)
省エネ性
(5.0)
快適性
(4.0)
総合評価
(5.0)

1位は日立のメガ暖XKシリーズです。凍結洗浄ファンロボが搭載され、清潔性がさらに上がりました。
省エネ性・清潔性・速暖性がよく、量販店では特に人気があります。

凍結洗浄ファンロボ
内部をクリーンにする凍結洗浄ファンロボ

他のメーカーと大きく違うのはお掃除機能。

フィルター清掃だけではなく、熱交換器とファンの部分もお掃除してくれるという超便利な機能がついています。

冷房も暖房も使うと、やはりフィルターの自動清掃がついていても内部は汚れきてしまうのですが、凍結洗浄ファンロボは、熱交換器を凍結させ霜をつかせて、ホコリや油汚れをグリップ(つかまえる)し一気に洗い流してくれます。

さらに熱交換器の下にある、ファンの部分もブラシでお掃除してくれるので、エアコン内部をまるごとキレイにしてくれます。

定期的に自動で行ってくれるので、お掃除が苦手な方や忙しい方にはぴったりです。

暖房も温まるスピードが早く、除湿機能も再熱除湿という、寒くならない除湿なので冷房が苦手な女性に特に人気。

2位 Panasonic UXシリーズ

パナソニックUXシリーズの評価
暖かさ
(4.5)
清潔性
(2.0)
省エネ性
(3.5)
快適性
(3.5)
総合評価
(4.0)

パナソニックは室外機に凍結防止ヒーターと蓄熱機を搭載しています。

今ままで捨てていた熱をエネチャージに蓄えておき、霜取り時にその熱を使って霜取りをするので霜取り運転中も暖房が止まりにくくなっています。

公式サイトや量販店では「霜取り中も暖かさノンストップ」と書いてありますが、止まらないなんてことはないので注意してくださいね💡

3位 ダイキン DXシリーズ

ダイキンDXシリーズの評価
暖かさ
(4.5)
清潔性
(2.0)
省エネ性
(4.0)
快適性
(3.5)
総合評価
(4.0)

ダイキンのDXシリーズです。ダイキンは加湿ができることで有名ですが、寒冷地仕様のものには加湿機能がついていないので、その点は注意が必要です

ダイキンのDXシリーズは、室外機に凍結防止ヒーターが搭載されているのと、最下部の冷媒用パイプ部分に温度が高い冷媒を循環させることで霜を付きにくくしています。

寒冷地エアコンは電気代がちょっと高いものが多いのですが、日立とダイキンの機種は省エネ性能が高く電気代が特に安いです。

エアコン暖房は冷房に比べて電気代が少しかかってしまうので、リビングなどよく使う部屋では省エネ性能も大事なポイントになってきます。

4位 富士通 XNシリーズ

富士通XNシリーズの評価
暖かさ
(4.0)
清潔性
(2.0)
省エネ性
(2.5)
快適性
(3.0)
総合評価
(3.0)
デュアルブラスター
送風機の役割を担うのデュアルブラスター

エアコン本体の左右についているデュアルブラスターという送風機が、暖気の吹き上がりを抑えて床面に広げるので、L字型のリビングや天井の高い部屋におすすめの機種。

富士通のエアコンは面白いものが多く、このシリーズはリモコンに温度センサーがついており、手元にリモコンがあればさらに快適な温度管理をしてくれます。

省エネ性能は他メーカーに比べると劣るのですが、値段が他のメーカーよりちょっと安いので、本体代を抑えたい方にはぴったり!

形は好みが分かれますが、暖房能力と価格・省エネ面から見て、安くて暖房を強く!という方にはおすすめの機種です。

5位 三菱ZDシリーズ

三菱ZDシリーズの評価
暖かさ
(4.0)
清潔性
(2.0)
省エネ性
(2.0)
快適性
(3.5)
総合評価
(3.0)

CM効果なのか問い合わせが1番多いのがズバ暖霧ヶ峰。
今年からデュアルオンデフロスト構造という、熱交換器が半分ずつ交互に霜取りをするので、暖房が止まりにくくなっています。

しつこく書きますが霜取りで止まらないなんてことはなく、外気温や湿度で止まることはあるので注意が必要です。

値段のわりには寒冷地仕様の中でも特に省エネ性が低い点がちょっと気になるポイント。暖房は特に電気代がかかるため、メイン暖房とするとなると省エネ性能はとても大事です。

寝室・子供部屋向け寒冷地エアコンランキング

寝室や子供部屋にぴったりな中間グレードの寒冷地エアコンをご紹介します。畳数は全て6畳用で比べました。

1位 日立HKシリーズ

HKシリーズは暖房能力が高く、省エネ性もいいので寝室や子供部屋で暖房を使う方に特にオススメです。
さらに凍結洗浄付きなので内部の清潔性も◎

意外と好評なのは除湿機能。寒くならない再熱除湿なので、冷房が苦手な方にも湿度だけを下げて部屋の温度は高いままに保つことができます。

2位 富士通DNシリーズ

今まであった幅68.6cmのGNシリーズから幅77cmで高さ25cmのDNシリーズへとリニューアルされました。

パワーや省エネ性能はやや落ちたものの、無線LAN内蔵と高温加熱付きになったので、外からの操作もできて、冷房・除湿時に高温加熱による内部の清潔性も期待できます。

3位 三菱XDシリーズ

ムーブアイが搭載されたXDシリーズ。
省エネ性はそこそこですが、冷房と送風を自動で切り替えるハイブリッド運転やムーブアイなど工夫がされています。

4位 パナソニックTXシリーズ

薄型ボディのTXシリーズ。マイナス25℃でも運転可能。
霜取り前もあらかじめ温風を強く出しておくので、霜取り中も寒さを感じさせない工夫がほどこしてあります。

5位 東芝 VNシリーズ

お掃除機能は付いていないものの、価格の安さと省エネ性の高さがいいエアコンです。

100V電源のみなので、200Vが使えない家庭でも導入できる。

寒冷地エアコンメーカー別比較

寒冷地エアコンは各メーカーから出ていますが、どんな機能がついているのかなかなかわからないもの。
各メーカーの特徴や機能をご紹介します。

しろさん

まずはひと目でわかる全メーカーの比較表をご紹介します。
各メーカーの比較は、前述した快適に過ごすための6つのチェックポイントを元に比較しました。

快適に過ごすためのチェックポイント
  1. 暖かさ→霜取りに入りにくいかどうか
  2. 熱交換器洗浄→熱交換器を洗浄し清潔に保つ
  3. 省エネ性→省エネ性能が高ければ高いほど電気代が安くなる
  4. 気流の制御→エアコンの風をコントロールする
  5. 除湿能力→除湿の方式で除湿力が違ってくる
  6. スマホ連携→スマホでエアコンの操作をする

ポイント① 霜取り運転

寒冷地エアコンは霜取りに入りにくい作りなのですが、機種によって霜取りの入り方が違っています。

ポイント②省エネ性

暖房を使うにあたって大事なのが省エネ性。省エネは省エネ達成率とAPFの数値で見ることができます。

悩む人

省エネ達成率はなんとなくわかるけどAPFってなんのこと?

しろさん

省エネ達成率は、基準をどれくらい達成しているのか表していて、APFは1あるエネルギーをどれだけ効率よく使っているかを数値化したものだよ!

ポイント③お掃除機能

最近のエアコンはフィルターを自動でお掃除してくれるモデルが多いのですが、さらにその上をいくのが熱交換器を綺麗にできるというエアコン。
熱交換器は自分ではなかなか掃除ができない部分のため、これがあると清潔さを保ちながら使うことができます。

ポイント④気流の制御

気流の制御はお部屋で快適に過ごすために大事なポイント。

エアコンは全体空調と部分空調に分けられるのですが、それぞれ工夫をしながら快適に過ごせるようになっています。

この辺は完全に好みで、私個人の意見としては、女性なら部分空調の方が部屋にいるとき快適かな〜と思います。

ポイント⑤除湿機能

どのエアコンにも除湿機能は付いていますが、除湿方式によって取れる湿気はまるきり変わってきます。

除湿には再熱除湿と弱冷房除湿があるのですが、たくさん湿気を取れるのはダンゼン再熱除湿

弱冷房除湿は、エアコン内部を冷やして除湿し、そのまま送風するので部屋の温度は下がり湿気はあまり取れません。

再熱方式は、内部を冷やして湿気を取るのは同じなのですが、温めてから送風するので部屋の温度も下がらず湿気をたくさん取ることができます。

しろさん

日本は湿度が高いから、いい除湿がついてると全然違うよ!

ポイント⑥スマホ連携

スマホと連携できるのも最近のエアコンのいいところ!
本体にWi-Fiアダプターを取り付け、スマホをリモコンがわりにすることが可能です

最近では本体にWi-Fiアダプタを内蔵してあるモデルも増えてきています。

寒冷地エアコン比較表

製品名 メガ暖白熊くん
XK56K2
スゴ暖
S56XTDXP
ズバ暖霧ヶ峰
ZD5620
エオリア
UX560D2
ノクリア
XN56H2
メーカー 日立 ダイキン 三菱 パナソニック 富士通
センサー くらしカメラA.I 人・床・壁 ムーブアイmirAI 人・もの 人感・温度
霜取り 見はって霜取り 記載なし デュアルオン
デフロスト構造
ハイブリッド
エネチャージ
ホットキープ
除霜
スマホ連携 別売 内蔵 別売 内蔵 別売
清潔性
凍結洗浄
ファンロボ

加湿水洗浄

外せるボディ

ナノイー
特になし
気流の制御
除湿方式
再熱除湿

弱冷房除湿

再熱除湿

弱冷房除湿

再熱除湿
省エネ達成率 130% 128% 110% 124% 112%
APF 6.5 6.4 5.5 6.2 5.6

日立の寒冷地エアコン

日立の寒冷地エアコンの特徴をご紹介します。
実は寒冷地では特に売れているのが日立のメガ暖白くまくんです。

みはって霜取りS&あらかじめ温風

通常のエアコンはタイマー方式で霜取りに入ってしまうのですが、みはって霜取りSは室外機にある熱交換器の温度と外気温をみて、必要な時だけ霜取りに入ります。

さらに霜取りに入る前にも、お部屋の中を暖かくする「あらかじめ温風」で、霜取り中の室温低下を予防。

凍結洗浄ファンロボ

フィルター清掃だけではなく、その下にある熱交換器とファンの部分まで自動でお掃除してくれるのが凍結洗浄ファンロボ。

ちなみにこれがあれば業者に清掃は頼まなくていいの?と聞かれることがありますが、しなくていいとは正直言えません。
ただ他のエアコンよりも汚れにくくなるのは確実です。

くらしカメラAI

お部屋の間取りや温度、家具の位置、床の材質、吊り戸棚、人を20人まで識別し、エアコンから出る風を調整して快適に運転してくれます。

お部屋に暑がりと寒がりさんがいても、AIが在室時間や温度を見てくれるのでどんな人でも快適に過ごせるのがくらしカメラのいい点です。

パナソニックの寒冷地エアコン

ハイブリッドエネチャージ

ハイブリッドエネチャージとは

捨てていた排熱を蓄熱機、いわゆる保温瓶のようなものにためておき、さらに冷媒加熱ヒーターで霜取りを助けてくれるのがハイブリッドエネチャージ。

こちらもノンストップと書いてあることもありますが、状況によっては霜取りに入ります。

無線LAN内蔵

ナノイーXでカビを抑制

ダイキンの寒冷地エアコン

垂直気流

運転始めは空間や床面をムラなく暖房し、設定温度に到達したらフラップを壁に向けて風を垂直に送るので、風を感じにくい快適暖房を行います。

霜がつきにくい熱交換器

熱交換器に温度の高い冷媒を循環させて、霜がつきにくいようにしています。

放電・洗浄

冷房・除湿のときにでた水分で熱交換器の汚れを洗浄するという機能。

日立の凍結洗浄が出てから、似たような記載をするメーカーが増えてきましたが、実際には以前からやっていた内容と同じ。

洗浄時の結露水は約1リットルと記載がありますが、屋外が35℃で最長1時間の冷房運転をした場合の量。
最大1Lは30秒間におよそ8.3cc。凍結洗浄は30秒間に約50ccです。水分の勢いが違うので、凍結洗浄と同じ効果があるとは言えません。

放電に関してはストリーマという酸化分解力を持ったプラズマを照射することで、内部のカビを抑制してくれます。

三菱の寒冷地エアコン

デュアルオンデフロスト回路

デュアルオンデフロスト構造とは

熱交換器を上下に分け、霜取りを交互に行うので、霜取りをしていても暖かさが途切れないというもの。
世界初となっていますが、以前富士通や日立でもやっていたものと似ています。
ちなみに状況によっては霜取りに入りますし、霜取り中の吹き出し温度は実演機にて確認したところだいぶ下がっていました。

止まらないというイメージで使うとあれ?っとなってしまうかも。

はずせるボディ&はずせるフィルターおそうじメカ

フラップやお掃除ロボ部分を取り外し、自分でお掃除することが可能。
自分で実際にやりたい方にはオススメですが、熱交換器は曲がりやすいため要注意です!

ムーブアイmirA.I.

温度を細かく見てくれるムーブアイ。住宅性能や人の位置、人数などもチェックして、快適な運転をしてくれます。
住宅性能を

富士通の寒冷地エアコン

ホットキープ除霜

霜取り運転に入る前に、お部屋の温度を上げてく機能。霜取り中も室内の温度の低下を防いでくれます。

デュアルブラスター

本体の両脇についている送風機。暖気は上に上に上がってしまうので、送風機で押さえ込み、お部屋全体を暖かくしてくれます。

10℃暖房

設定をしておけばお部屋の温度が下がりすぎないように暖めてくれます。
お年寄りだけのお家であれば、設定しておくと安心。

東芝の寒冷地エアコン

ダッシュ暖房

リモコンのダッシュボタンを押すと余熱運転を行い、暖房ボタンを押した時に温風が素早く出せます。

連続暖房運転

外気温がマイナス15℃でも6時間の連続運転を行います。マイナス27℃でも運転可能なので、寒冷地でもパワフルな暖房が期待できるのが魅力。

寒冷地エアコンと普通のエアコンの違い

寒冷地エアコンと普通のエアコンの違いの前に、まずはエアコンから冷風が出る仕組みを説明します。

エアコンから温風が出る仕組み

温風が出る仕組み

室内機と室外機を行き来する「冷媒ガス」と「熱交換器」によって、エアコンは部屋の中の熱を奪い、熱を除いた空気を部屋に戻すことで、お部屋を涼しくすることが出来ます。

暖房の場合は冷房の逆で、外気の熱を奪い冷媒によりさらに高温にし、その熱を部屋の中に放出し温風が出ます。

寒冷地仕様ってなにが違うの?

寒冷地仕様も普通のエアコンも、温風や冷風が出る仕組みはどちらも同じです。では一体何が違うのかというと、主な違いはこの3つになります。

ポイント
  • 普通のエアコンより大きい熱交換器(パワーが出る💪)
  • 霜取り運転に入りにくい作り
  • 凍結防止ヒーターが搭載されている

普通のエアコンより大きい熱交換器

寒冷地エアコンは、基本的には普通のエアコンと同じ作りになっています。

少し違うのは、外気温が低くてもたくさんの熱を集められるように、出力を高く設定し熱交換器も大きいものを搭載している点です。

同じ適用畳数のエアコンと比べ、暖房のパワーが1〜2ランクほど高くなっています

霜取り運転に入りにくい作りになっている

しろさん

エアコンで暖房をしている時、急に暖房が止まったなんてことはありませんか?それはエアコンが室外機についた霜を溶かす「霜取り運転」に入っているんです

外気温が低い中でエアコン暖房をすると、室外機を巡る冷媒ガスはとても冷えていて、室外機に霜がたくさん付きます。

その霜を溶かすために、室内に放出している暖かい熱を室外機に送り返し霜を溶かすのが霜取り運転です。普通のエアコンのほとんどは、その霜取り運転に定期的に入るようになっています。

寒冷地仕様のエアコンは霜取り運転に入りにくい制御になっていて、霜取り運転に入ってもすぐに通常の暖房運転をする仕組みになっているんです。

凍結防止ヒーターが入っている

寒冷地仕様のエアコンには、室外機に凍結防止ヒーターが搭載されています。

エアコンの暖房運転中、外気温が低いと室外機に霜がつくので、霜を溶かすために霜取り運転をするのですが、溶かした後の排水をそのままにしておくと凍ってしまい、排水穴を塞いでしまいます。

そういったことを防ぐために、室外機に凍結防止ヒーターが搭載されています

ハイスペックな寒冷地エアコンは、暖房能力や省エネ性などが素晴らしくリビング用にぴったり。

寒冷地エアコンは暖房能力が高いので、どれを選んでもきちんと暖まるし冷やすことができます。

その上で「どれだけ快適に使うことができるか」という部分が大事なポイント。

寒冷地エアコンの選び方

しろさん

寒冷地エアコンの選び方ですが、畳数の選び方は普通のエアコンと同じです。選び方を簡単に説明しますね!

ポイント①畳数を選ぶ

エアコンの畳数の見方はお部屋の環境によって違います。

木造住宅と鉄筋住宅で対応畳数が変わってくるのですが、例として10畳用のエアコンの適用畳数をみてみましょう。

三菱 XDシリーズ 10畳用

同じ10畳用でも、木造住宅と鉄筋住宅では適用畳数がこんなに違っているんです。

木造戸建てやアパートの場合は左側の小さい数字を、マンションや団地の場合は右側の大きい数字がそれぞれの対応畳数になりますよ〜。

大きめサイズがおすすめな場合もある

  • 極端に寒い地域・暑い地域
  • 天井が高い・吹き抜けがある
  • 日当たりがよく大きいガラス窓がある

大きめのサイズを選んだ方がいい場合もあります。

こういった場合は、対応畳数の1〜2サイズ上のものがオススメです!

先ほどの畳数の目安は東京を基準にしているので、寒い地域は暖房、暑い地域は冷房のパワーが足りない可能性があります。

最近人気の天井が高く吹き抜けのある作りのお家も、エアコンのパワーが強くないと効きが悪くなってしまうので、後からサイズ選びを失敗した…なんてことにならないために、こういった場合はちょっと大きめのサイズを選んでくださいね!

ポイント②使い方に合わせてグレードを選ぶ

エアコンにはグレードがあるのですが、使い方やお部屋に合わせてグレードを選びましょう。

寒冷地エアコンは、ほとんどのメーカーがハイスペックタイプと中間タイプの2つのグレードでエアコンを作っています

しろさん

れぞれのグレードの特徴と、どういったお部屋に合うのか説明するね

グレード別・寒冷地エアコンの特徴

寒冷地エアコンにはハイスペックタイプと、中間クラスのものがあるのですが、それぞれの特徴をご紹介します。

ハイスペックな寒冷地エアコンの特徴はこちら。

ハイスペック寒冷地エアコンの特徴
  • 省エネ性が高く電気代が安い
  • 暖房のパワーがとても強い
  • 本体価格も高い

暖房のパワーも強く、電気代も安いためよく使うリビング向けとなっています。

本体代はちょっと高くなりますが、その分暖房能力・省エネ性・快適性などがとてもいいので、リビングだったら間違いなくハイスペックタイプがおすすめです。

中間クラス寒冷地エアコンの特徴
  • 省エネ・暖房能力はハイスペックよりはやや落ちる
  • その分本体価格がお手頃になる
  • スペースのない場所にも取り付け可能な本体サイズ

中間クラスのものはハイスペックのものより省エネ性、暖房能力はやや落ちますがその分購入しやすいお手頃価格になっています。

寝室や子供部屋などに選ばれることが多いです

本体のサイズも幅が狭かったり高さが低かったり、今まで取り付けを諦めていた場所でも取り付けられるサイズになっています。

寒冷地エアコンのQ&A

寒冷地エアコンとファンヒーターどっちが暖かいの?

 

温風の温度が高いのは断然ファンヒーター

 

よく聞かれるのがこちらの質問ですが、ファンヒーターの方がすぐに温風が出て、出てくる温風の温度も高いです。

ファンヒーターは持ち運べて本体も比較的お手頃で、外気温に影響されないというメリットはありますが、毎回灯油を買って入れる手間や結露してしまうというデメリットもあります。

エアコンは全体を暖かくしてくれて、安全性も高く、電気代が安いのがメリットですが、乾燥してしまったり外気温が下がると温まるのに時間がかかってしまうデメリットも。

どちらもメリットとデメリットがあるので使用用途にあった選び方をしてくださいね!

寒冷地エアコンとファンヒーターどっちがコスパがいい?

 

エアコン。ただし初期投資がかかる

暖房器具の中で1番電気代がかからないのは実はエアコン。

ファンヒーターに使う灯油代と比べると、エアコンの電気代の方が安くなる可能性の方が高いです。

ただし、エアコンは専用コンセントが必要だったり、暖房能力の高い機種は本体代がちょっと高いため初期投資費用がかかります。

寒冷地エアコンと普通のエアコンどっちがいいの?

 

気温が5℃以下になるなら寒冷地エアコンがおすすめ

東北地方などいわゆる寒冷地で、マイナス10℃以下になるなら断然寒冷地エアコンを選んだ方がいいと言えます。

ただ、寒冷地でない地域であっても、気温が5℃以下になるとエアコンは霜取り運転に入る確率が高くなるため、冬の気温が5℃以下になる地域でも寒冷地エアコンはオススメです。

暖房能力の高い寒冷地エアコンを選んでおけば、夏も冬も快適に過ごせますよ!

寒冷地エアコンまとめ

寒冷地仕様のエアコンは外気温が低くても、メインの暖房器具として使えるハイパワーなエアコンです。

これから寒冷地エアコンの購入を検討しているのであれば、お部屋に合わせてグレードを選んでくださいね。

さらに清潔性・電気代・本体価格など、人によって気になるポイントは変わってくると思います。

エアコンは1度購入すれば長く使える生活家電なので、自分のお家にぴったりなものを選んでくださいね!

ポイント

リビングなら▶︎ハイスペック寒冷地エアコン
寝室・子供部屋▶︎中間タイプの寒冷地エアコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です