【肩こり激減】新型iPad Pro12.9でイラスト作成がはかどる作業台のレビュー

iPad用のイラストスタンドの画像

しろさん

この記事では、iPadProの作業スタンドをレビューします

iPadでイラストを描いていると、姿勢が悪くなって肩が凝るし、純正キーボードの角度もイマイチ…。
iPadでイラストを描くのにぴったりな作業台とは?

iPadでイラストや漫画を描くという方も増えてきていますよね。
かくいう管理人もiPadで手軽にイラスト作成を楽しんでいます。

悩む人

正直、iPadでイラストを描いてるとめっっっちゃ肩が凝るよね…

しろさん

純正のキーボードも、前と変わってイラストを描くならイマイチだよね〜〜

iPadPro純正キーボードがイラスト作成には不向きな理由

角度の調整がイラスト作成にはイマイチ

iPad Proの純正キーボードはSmart Keyboard FolioとMagic keyboardの2つですが、どちらもイラスト作成に向いていると言えません

その理由は角度の調整。イラストを描くなら、机に置いた状態でiPadの角度が30°〜15°くらい傾斜があると、視認性がよく描きやすくなります。

以前のSmart Keyboardなら、緩やかな角度にもできたのですが、Smart Keyboard FolioとMagic keyboard、2つの純正キーボードは、どちらも角度の調整はできるものの傾斜がきつく、イラストを描くには不向きなのです。

しろさん

iPadでアップルペンシルを存分に活用するならイラスト用の作業台(タブレッドスタンド)がおすすめだよ!

タブレットスタンドに求める4つのポイント

そんなわけで、イラストを描くためのタブレットスタンドを探してみました。
タブレットスタンドに求めるポイントは下の4つです。

  1. 角度調整ができる
  2. デザインがいい
  3. 台が滑りにくい
  4. 多少体重を載せてもいい


デザインに関してはそこまでこだわらなくてもいいかもしれませんが、せっかくのiPadなので、できればオシャレなものだとなお嬉しいと思いポイントに入れました。

角度は人によってベストポジションがあるので、細かく調整ができると嬉しいですよね。さらに熱中してくると体重をかけていることもしばしば。
多少力を入れてもびくともしないものだと安心です。

これらの条件に合っていたタブレットスタンドを探したところ、安定のAmazonにて見つけました!

iPadProのおすすめタブレットスタンド・Boyata BST-10

シンプルな
アルミニウムのボディ
BST-10の評価
角度の調整
(4.0)
デザイン
(5.0)
安定性
(4.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(4.0)

タブレットスタンドの外観

iPad Pro12.9インチを乗せて横から見た状態

シンプルなアルミニウムのボディで、iPad Proの12.9インチを載せると大体これくらい。

iPad Pro12.9インチを載せて上から見た状態

角度の調整は自由自在!ただし若干固い

角度も高さも調整可能

アームの角度は自由自在なので、好きな角度と高さに調整可能です
アルミのボディでしっかりしているので、調整するのは結構力が入りますが、その分角度を変えたら安定してずれることがありません。

デザインは他のApple製品と並べても◎

アルミニウムのシンプルな作りなので、iPadpro のデザインを邪魔せずオシャレ。
他のApple製品ともしっかり馴染みます。

滑り止めゴム付きなので滑らない

表面と底部の両方に滑り止めパッドとゴムがあるので、本体に傷がつかず滑りにくいようになっています

カバーを付けずにそのまま載せて使っていましたが、傷がつくこともなく、絵を描いていてもスタンドが滑るということもありません。

20kgの重さまで耐えられ安定性抜群

集中して力を入れて描いても動かず安定

絵を描くときについつい力が入ってしまうのですが、20kgの重さまで耐えられるしっかりした作りなので、多少力を入れてもびくともせず安定性が抜群でした。

Boyataノートパソコンスタンドのうーん…という点

重い
とにかく重い。それもそのはず重量1.5kg。
家の中で使う分にはいいのですが、もしどこかに持っていって使おうとしたら結構な重さと大きさなので覚悟が必要です。

モバイル用で別のスタンドを用意するのもアリかもしれません。

まとめ

iPad Proでイラストや漫画を描く際に便利なタブレットスタンドをご紹介しました。

iPadでの作業で、姿勢や肩こり、腰痛が気になる方は、ぜひタブレットスタンドを試してみてください。肩こりと腰痛がマシになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です